ペット・動物・猫1ページ:新・烏合の衆|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ペット・動物・猫:サブページ

カテゴリー

ペット・動物・猫登録サイト一覧

 このページは、新・烏合の衆|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のペット・動物・猫カテゴリ(1)ページです。ペット・動物・猫(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、新・烏合の衆|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはペット・動物・猫:2ページで表示しています。
この続きはペット・動物・猫:2ページで表示しています。

 キャットフード:一般的なブランドの多くが食品産業等の廃材を原料に使用している。主な使用原材料の例では鶏副産物粉、○○副産物粉と表記されている物が多い。これは動物の皮や内臓、骨、毛までに至るまでのものをほぼ全ての物を粉末化している物である。また、獣脂など油系はレンダリングと言って動物類を煮て油を抽出したり、大手ファーストフード店などから回収した油をフードに転用しているという説もある。この場合、特にショートニングのような加工油脂には自然には存在しないトランス脂肪酸を含む場合が多い。また、レンダリングの場合悪く言えば死体のごちゃ混ぜであり、品質的には悪い可能性が高い。なお、国内にもレンダリング工場が存在する。近年はドライフードという自然界にはない存在、過剰に処理され固形となっていることと並んでこれらのトランス脂肪酸や添加物などの点が猫の年齢に関係した病気の元になっているという説や、猫は基本的に肉食動物であり、穀類は不要であるという説もあり、アレルギーなどの原因という主張している会社、人も多い。市販されている一般的なブランドの多くが基本的に穀物ベースであり、多くは穀物類、大量のトウモロコシや米を含み、これに肉類と必須ビタミン類を添加している。また上記の獣脂や、副産物粉(ダイジェスト)を添加している。穀物類や副産物粉などを使うのはコスト削減のためであり、安価なフードにするには欠かせない。近年では中国産原料の使用や材料の汚染なども問題になってきている。「キャットフード」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年12月5日 (水) 08:24 )

このページの先頭へ